マネージャーブログ

2018.09.01 配信

競馬学校時代は小遣い月6000円!?今週もジョッキー4名が登場カテゴリ:新着



こんばんは!マネージャーKです。





今週はいよいよ札幌競馬開催のラストウイークを迎えますが、





恒例のラジオ番組『藤田伸二の生涯、ヤンチャ主義!』も、特別編成のため競馬開催中(13時30分から)の放送となります。





札幌7Rと9Rの間に放送スタートとなりますので、ぜひ競馬開催の合間に少しだけラジオのチャンネルを回してください!






さて。ゲストは先週に引き続き4名の現役ジョッキーが登場!



写真中央左から、吉田隼人騎手、城戸義政騎手、国分恭介騎手、黛弘人騎手





今回はゲスト4名にそれぞれ『どのような理由でジョッキーを志したのか』その経緯について詳しく話をお伺いしました!





特別に少し触りだけ、ご紹介しちゃいましょう。

-------
アシスタントの佐々木佑花アナから4人へ質問。

『ちょっとベタなんですが皆さんはなぜジョッキーを志したのですか?』


吉田騎手『自分は兄が騎乗している姿を見てカッコいいなぁと思ってなりました。』


藤田伸二『そうだよな。ゴールでガッツポーズしている姿とかを見ているんだよな?そりゃ憧れるな。』


吉田騎手『はい。でも、デビューしてもすぐには上手くいかなかったので、辞めたくなったこともあるし、騎乗馬がなくて不安になったりもしました。』


城戸騎手『自分は身近に競馬の環境がなかったけど、家族でたまたま見たテレビで競馬学校のことをやっていて、それを見て目指しました。馬に乗ったのもその時が初めてでした。』


藤田伸二『そっか。今の競馬学校ってどんな感じなの?』


城戸騎手『学科は国語と社会の二科目ですね。』


藤田伸二『えっマジ?俺の時は五科目あったで…』


城戸騎手『今は奨学金制度もあるんですよ。』


藤田伸二『そうなんか。俺らの時は学費はタダだったし、小遣いも月6,000円もらってたな。でも販売機すらなかったけど…』


城戸騎手『今はちゃんとありますよ(笑)』

-------

黛騎手と国分騎手のお話は、放送を聞いての楽しみ!





今週もゲスト4名の魅力満載の30分放送となっていますので、ぜひお聴き逃しのないように!





それでは、今回も最後に収録時の模様を載せてお別れしましょう。







マネージャーKでした!


※こちらで紹介した内容は収録時のものであり、実際の放送とは異なる可能性があります




※依然好調!?もちろん今週もやります!藤田伸二の全36レース予想はこちらから※

藤田伸二の36レース予想・9月2日版はこちら!
※外部サイトへのリンクです

ログイン

閉じる